部員紹介 の記事

--/--/-- スポンサーサイト
2008/10/03 カンタ
部員紹介 第10話 カンタ 6年 内野手 背番号1投手の要カンタ、エースとして、副将としてチームを引っ張ってくれている。昨年のチームからシューと両輪でピッチャーとして活躍、去年の福岡少年大会3位の立役者で、5年生ながらMVPを取ったのは記憶に新しい。まだあどけない表情だった当時と比べて6年になって顔つきがグッとたくましくなってきた。独特のフォームで繰り出すピッチングは制球で勝負するタイプ。その独特な...
2008/08/06 コータ
部員紹介 第10話 コータ 5年 背番号2 内野手打撃の要、南の4番コータ。違う違う。こっちやこっち。しかし顔つきもそっくりだが頼りになるところもラミレスそっくりだ。「打球の速さは大人顔負け。」とあのヒエ~ダコーチのお墨付き。これで5年だから来年がまだ楽しみ。ヤマサキコーチは特に昨年4年の時の那珂川大会の決勝下白戦で優勝を決めたサヨナラヒットが印象に残っている。率は決していいわけじゃないが、おいし...
2008/07/24 ヒロタカ
部員紹介 第9話 ヒロタカ 6年 背番号3 内野手入部は早かったけど、下積みが長かったヒロタカ。チーム一の努力家だ。一昨年の「行橋組」で初ヒットを放った時の詩「9年間初ヒット」はこのブログでも紹介した。現チームになってファーストのレギュラーの座をやっとつかんだヒロタカ。しかし今年は内野手の悪送球も多く、それを上手く捌けず後ろに逸らすことも多かったが、最近ショートバウンドの処理も日に日にうまくなって...
2008/06/20 ヒューゴ
部員紹介 第8話 ヒューゴ 背番号4 内野手みなにゅうきってのイケメンヒューゴ。しかしどこか井上純一や太川陽介を髣髴とさせる70年代の香りがする男だ。彼を見てると「ゆうひが丘の総理大臣」や「レッツゴーヤング」を思い出すのは私だけだろうか。そのヒューゴ、5年生にもかかわらずサード・ショートの重要なポジションを任されている。新チーム発足当初は、その重圧からか球際に弱くファンブルも繰り返したが、今ではす...
2008/06/07 ヒロキ
部員紹介 第7話 ヒロキ 背番号5 内野手セカンドの守備がだんだんと板についてきたヒロキ。まだまだカンペキとは言えないが、着実に上達してきている。あとは打撃と走塁でもっともっとチームに貢献してくれるよう努力してくれることを願っている。私生活では「鉄道」と「お笑い」をこよなく愛するヒロキ。鉄道マニアとして、かつて「ばりすごボイガー7」で3923と共演。それが縁で「ホンモノ3923VSニセモノ3923...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。